犬がシニア期になったら絶対に必要になってくる病気予防できる栄養とは?

高齢犬になると、仔犬や成犬の頃とは違って必要な栄養も量も変わってきます。

人でも年を重ねると必要な栄養や食餌の量も変わりますが

人の場合は自分で調節できますが、犬の場合は飼い主や家族が調節したり、ドッグフードをシニア用に変更したりする必要があります。

また、高齢犬になると、病気になりやすくなってしまいます。

なので、常日頃からの病気予防が大切となります。

高齢犬にとって必要な栄養

 

高齢犬になると、消化や吸収する力が弱くなる為に今までのドッグフードをしっかりと消化吸収できなくなり、消化不良の原因となってしまいます。

なので、高齢犬にとっては消化吸収の良い食餌が大切です。脂質を減らして、動物性たんぱく質をとるようにしましょう。

動物性たんぱく質は、筋力を維持する為に必要です。筋力が落ちると新陳代謝が落ち、消化吸収が弱くなる原因となるので、しっかりと動物性たんぱく質をとるようにします。

動物性たんぱく質は肉類、魚類、卵などがあります。

また、タンパク質には植物性もありますが、植物性たんぱく質は大豆や小麦、トウモロコシなどがありますが、これらの植物性たんぱく質は肉食動物である犬にとっては栄養的には無意味で、小麦などは植物性アレルギーのアレルゲンとなる事もあり、与える事は逆効果といえます。

また、高齢犬にとっては糖質が大切です。糖質は、脳の唯一の栄養となる栄養素です。特にブドウ糖は吸収が優れているために高齢犬の食事には必要不可欠とされます。

 
シニア用ドッグフードの切り替え時期と切り替え方法

 

高齢犬になると、成犬用のドッグフードでは高齢犬にとっては十分な栄養を取る事ができなくなります。なので、シニア用のドッグフードに変えるようにしましょう。

一般的には7歳例以上になるとシニア用ドッグフードに変えるようにしますが、健康状態に老化現象や食欲事態に変化がなければ急いで変更する必要はありません。

切り替えるタイミングとしては、今までよりもやわらかめのウンチが何日も続きます。また、おならやゲップをよくするようになったりしたりなど今までと違う様子が認められた場合にはドッグフードを切り替えるようにします。

 

高齢犬になってからの病気予防

 

犬も人も年を重ねれば老化をします。また、この老化は基本的に犬も人も同じです。

年を重ねていけば、病気に対する抵抗力や免疫力が落ちて、ウイルスや細菌に感染しやすくなったり、小さな傷でも治癒するまで時間がかかるようになります。

また、反応が遅くなったり、視力や聴力が衰えていき、内臓も少しずつその働きが弱くなっていきます。

ドッグフードの中には免疫力をサポートするドッグフードもあるので、そういったドッグフードに切り替える事で、免疫力が急激に低下する事を防ぐ事もできます。

肥満にならないようにする事も大切です。肥満は万病の基です。肥満になると、肢や腰に負担がかかりすぎてしまい、関節炎の原因となります。

また、成犬用のドッグフードでは資質をとりすぎてしまい、肥満の原因となります。

高齢犬になると免疫力や抵抗力が落ちてしまうので、室外飼育をしている犬であれば室内飼育に切り替えたり、飼育環境を今までよりも清潔にするなどの対策が大切です。

今までよりも犬の状態をよく観察し、異常が確認できた場合にはすぐに動物病院での診察を受けるようにしましょう。

高齢犬になると、足腰が弱くなってしまい、少しの段差でも登れなくなったり、落ちたりして怪我の原因となるので、関節のサポート効果のあるグルコサミンやコンドロイチンを摂取させるようにします。

病気を予防する方法としては、定期的な健康診断を行い、常に犬の状態を確認しておくことも大切です。

飼い主や家族が健康と思っていても、犬の体の中では少しずつ老化は起こっています。

犬の老化に対応する為にも健康状態を理解して、現在の状態にあった健康管理を行うようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする